さかい医院。川崎市中原区の内科・循環器科診療所。武蔵小杉駅より徒歩8分。生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)、心臓病(虚血性心疾患、不整脈)。

木造住宅の耐用年数は30年、その時何歳ですか?

日本の木造住宅の耐用年数は30年といわれています。

 

30後半〜40歳程度で新築一戸建てを建てた場合、60後半から70歳程度と65歳以上の高齢となっています。

最近の技術進歩により、50〜55年と延びているとの報告もあり、90歳以上になる計算です。

 

建築時から将来を見据えて検討する必要があると思われます。