さかい医院。川崎市中原区の内科・循環器科診療所。武蔵小杉駅より徒歩8分。生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)、心臓病(虚血性心疾患、不整脈)。

高血圧は無症状

高血圧となっても自覚症状がほとんどないため、自分自身で気づくことは少ないです

健康診断、もしくは別の病気で診察を受けた時に高血圧であるといわれるまでは、血圧が高いことに気付いていないことが多いです。つまり無症状のことが多いです。 人によっては、高血圧と診断される前から肩こり・頭痛・耳鳴りが出る人もいます。でも高血圧に決まった症状ではないので、症状だけで高血圧を発見することはかなり難しいです。そのため、健康診断・自宅など定期的に血圧を測って、高血圧を早めに発見する必要があります。

また、高血圧は無症状のため、放置されたり、軽視される傾向にあります。重大な病気へとつながるため、確実に治療する必要があります。もちろん血圧は変動したり薬を飲む必要があったり様々なことがあります。


※症状が出るのであれば外来を受診して早くから治療を受けることになると思いますが、ほとんどの方が無症状のため、その他の病気が起こってから受診していることを考えていただくと、症状がないことがわかると思います。

 

健康診断で高血圧といわれたら

定期健診で早いうちに高血圧と言われて、「血圧が高いから、精密検査を受けるように」といわれても、自覚症状がないからと放置する人が結構多いです。放置している間は動脈硬化が進行してゆくため、色々な病気となる可能性が高くなります。 ここで注意!

血圧が高いと言われたら、まず測ってみてください。変動もありますが、140/90(いずれか)が基準以上の場合は高血圧の可能性が高いです。

疑問があれば医療機関で相談してみてください。
自分で本を読んだり、ネットで検索して勉強して、病気を理解することも重要です。周囲の方で十分理解してそうな人に聞くことで、高血圧に関して理解が深まるかもしれません。

次ページ:高血圧の治療と合併症