さかい医院。川崎市中原区の内科・循環器科診療所。武蔵小杉駅より徒歩8分。生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)、心臓病(虚血性心疾患、不整脈)。

乾燥は大敵

身体は60〜65%が水分で出来ている。
体重の2%に相当する水分が不足すると、のどの渇き、 さらに不足すると他の症状が出てくる。
(熱中症関係のページを参照)

 

寒くて空気が乾燥していると、感染症にかかりやすくなる。

粘膜が傷つきやすくなる
 ⇒ 鼻や喉で、細菌や異物を遮断する働きが低下する

 

鼻・のど・肺の粘膜に、繊毛(せんもう:千分の1ミリくらいの太さの毛) が生えているが、
この繊毛が動いて、粘膜表面に粘液の流れを作る(1秒間に約15回動く)
 ⇒ ウイルスやほこりなどを体外に追い出す。 


しかし、冷たく乾燥した空気を吸うと喉の毛細血管が収縮して繊毛の働きが低下
 ⇒ 痰を出す機能が低下して、気管支や肺に炎症が起きやすくなる。

 

長時間の乾燥で、口やのどの違和感、舌がヒリヒリしたり、痰を出しにくくなったり、空咳が続いたりする原因となり、味覚も鈍くなる。