さかい医院。川崎市中原区の内科・循環器科診療所。武蔵小杉駅より徒歩8分。生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)、心臓病(虚血性心疾患、不整脈)。

糖尿病の新診断基準(米国糖尿病協会2010年臨床ガイドライン改訂版より)

米国糖尿病協会(ADA)より2010年臨床ガイドラインの改訂版が発表されました。

 

ヘモグロビン(Hb)A1c血液検査の重要性を強調されています。

 

2-3カ月前の平均血糖値を簡便に測定するHbA1c血液検査は、これまでも糖尿病の管理に用いられてきました。2009年6月の新診断基準でHbA1c6.5%以上を2型糖尿病することとなりました。今回の改訂ではHbA1c5.7-6.4%を糖尿病前症(prediabetes)とし、予防と管理が必要であると記載されています。

 

参考までに非糖尿病患者では5%程度であり、各種健診で5.2%程度から異常値として判定されることもあります。

 

一度健康診断の結果を見てはいかがでしょうか?