さかい医院。川崎市中原区の内科・循環器科診療所。武蔵小杉駅より徒歩8分。生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病)、心臓病(虚血性心疾患、不整脈)。

インフルエンザと風邪(かぜ)は違う病気!

 
インフルエンザ
カゼ
初発症状
さむけ、頭痛
のどの乾いた感じ
くしゃみ
主な症状
発熱、筋痛、関節痛
鼻汁、鼻閉
悪寒
ひどい寒気
高度
軽度、きわめて短期
および熱型
(期間)
38〜40℃
(3〜4日間)
ないか、もしくは微熱
全身痛
筋肉痛、関節痛
高度
ない
倦怠感
高度
ほとんどない
 食欲低下

 ある

 ない

鼻汁、鼻閉
後期より著しい
初期より著しい
 目の結膜充血

意外と多い

 普通なし

発症状況
短期間に
膨大な数の人に感染
徐々に感染が広がる
合併症

気管支炎
インフルエンザ肺炎
細菌性肺炎
脳炎、脳症

まれ

インフルエンザと「風邪・普通感冒」とは、ウイルスが違うため、通常の「かぜ」ではのどや鼻に症状が出ますが、インフルエンザでは急激に38〜40度の高熱が出ることが特徴です。同時に倦怠感(だるい感じ)、頭痛、全身の筋肉痛・関節痛など全身の症状が強いことも特徴です。(遅れて鼻汁、咽頭痛、咳などの呼吸器症状が出現します)

一般的には症状が5日程度持続します。また気管支炎や肺炎を起こしたり、脳炎や心不全など重篤なことを起こしたりすることもあるため、高齢者では命に関わることがあり注意が必要です 

早期治療 + 十分な休養
= 自分の体を守る + 他人にうつさない

この意味でも一番重要な治療は休養です。